一目でわかる海外取引のイロハ

貿易コストは削減できる

運賃、関税率は言いなりになっていませんか?事前に把握することで削減できます。
弊社では、事前に運賃、関税率を調べ、あらかじめ通関業者に連絡するなどの対策をします。

輸入例 牛肉加工品

牛肉の含有量が30%以上か以下で関税率が4%変わります。
製造メーカーさんの場合、29%の含有量にて製造するなどの工夫ができます。

輸入例 革靴

1足4300円の関税もしくは30%の関税がかかります。
事前に関税率表の統計番号を通関業者に伝えることによって、安い税率にて申告することができます。

通関手数料

通常INVOICE価格20万円以上2品目まで・・・11800円
5品目まで              ・・・+11800円
8品目まで              ・・・+11800円
ともし8品目まであったら合計 35400円の通関料が発生します。
弊社は荷物の種類、課税価格によっては、船、飛行機、EMSなど荷物を小分けすることがあります。
例えば上記の例で課税価格の小さい荷物はまとめてEMSで運んだ方がお徳です。

湾岸使用料

中国の場合、アモイを境に北は中国政府が管理している都合上港湾使用料が高額です。
荷物の状況によっては、アモイより南まで国内輸送して、広州・香港より出荷するほうが手数料がお安く済む場合があります。

運賃

国によって日本側が負担するか相手国が負担するかで相当運賃が変わることがあります。
納期期限の状況により船、飛行機をブッキングすることができます。

関税率

少額貨物(課税価格20万円以内)の場合、1つでも高額税率が入っている場合、すべての商品が一番高額な税率にて計算されますので、ご注意ください。

自社貿易/貿易代行のメリット・デメリット
海外取引の障壁
貿易コストは削減できる
輸出入でよくある困った事例