事業をするとは、、、

私の会社は貿易業がメインであり、今まで多種多様の輸出入をしてきました。

私の会社には多くの外国人バイヤー、外国企業と繋がりがあります。
そして、代表の私自身が貿易の国家資格「通関士」を取得しており、
数々の税関との交渉事や、通関業者との交渉事、外国人バイヤーの交渉事などを経験し、
貿易実務のプロフェッショナルと自負しています。

その中で、近年多く問い合わせを頂いている案件が「自社商品を海外販売したい」
という内容です。

現実問題、
輸出したい商品を、外国人バイヤーに紹介し、色々やり取りをして出荷できず・・・
貿易実務のコンサル費用をいただくまでの出荷量ではなく、できない・・・

など事業としてなかなか本格的に取り組めませんでした。

ただ、
言えることは、
いい商品を作っている日本の中小企業製造業者さん、メーカーさんが賢明に生産した商品を、
適正価格で購入してもらう市場がないと
日本の技術、商品、伝統文化は衰退してしまいます。

現実問題、外国へ出荷されている商品は大手企業さんの商品がほとんどです。

そんな中、外国へ自社商品を販売したい中小企業製造業者さん、メーカーさんの商品を一同に集め
私の会社のツテのある外国人バイヤーをつなぐプラットフォームプロジェクトを始動することにしました。

海外販売の障壁
・海外の販路の見つけ方がわからない。
・海外に自社商品のアピールする方法がわからない。
・海外販売について貿易実務がわからない。
・英語でやり取りできない。
・海外販売に向けて、経費をかけられない。

このあたりが上がるでしょう。

この障壁を私の会社でどのようにして取り除けるか・・・

ずっと、試行錯誤していました。

ただ、考える原点は、
販路開拓したい企業のの苦悩や痛みを同時に味わい、
その参加者が新たな市場を開拓できるまで分かち合い、
そして参加される方がどうやってヒーローになっていけるか・・・

効率性や目に見えるサービスではなく、いかに多くのヒーローを作り上げれるかに焦点を当てると
おのずと自社がするべきことが見えてきます。

「こんなにうちの商品いいんですよ」ばっかりの世の中。

私ははっきり言います。
「海外販売は安易にしないでください」と。

人任せでできる技ではありません。

ですが、海外販売できたときの感動とは、本当に嬉しいものです。
自分が作った商品が海を越えて、そして異文化の方々に心から評価してもらえ、ありがとうを言ってもらえる。
名古屋名物の味噌カツを美味しいって食べてくれる外国人
「これぞ日本だ。感動した」って言ってもらえた時の感動・・・

何物にも代えがたい至福感があります。

どうやって、どうしたら1社でも多くのヒーローを生み出せるか・・・

セミナーや自己啓発、起業塾でも一緒と思います。
どうやったら、一人でも多くの参加者がヒーローになっていくお手伝いができるか・・・

結婚相談所では、「幸せな結婚したい」という意向があって相談所へやってきます。
相談所がヒーローになる仕組みは、相談所へ多額のお金を払って、結婚できなくても仕方がない・・・です。
相談所へ来るだけでは結婚はできないのです。
相談者がいかにヒーローになる仕組みを作ること(理想の人と結婚できた)が事業の醍醐味であり、事業を継続させる要因です。

ただし、
結婚相談所に来ただけで。自分が努力することもなく
「結婚できないじゃないか—-!!早く相手見つけてくれよーーーー!!」
という方は、関わり合いをお断りさせていただいています。

事業は、
わたしはあなた
あなたはわたし

このマインドをベースに参加する顧客の痛みを理解することから始まると思います。
共育し(共に育って)、共動する(共に動く)

これが大きな流れを作る一歩と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です